作品3

「三娘教子」。対の絵もあり

戻る