胡府借宿

『年画・三国志』にも掲載されています。

「三国演義」第27回。曹操の元を去り、劉備のもとへといく関羽。かねてより関羽の勇名えお伝え聞いている荘園の主・胡華は快く関羽を泊め、息子・胡班への手紙を託した。これがのちに関羽の窮地を救うことになる。

戻る