北京2008・中国陳氏太極拳推広活動営について

 

日期:  2003年4月(または8月、10月)
日数:  15日-20日
主催:  中国民間武術家聯誼会
場所:  中国北京香山 ゛団城演武庁゛
住所:  中国科学院植物研究所招待所(植物園)
内容:  陳氏太極拳伝統套路一路(83式)、推手
教授:  傅大慶 先生(中国民間武術家聯誼会副会長、中国陳氏太極拳十二代伝人)
補佐訓練:2−3人(陳氏太極拳練習10年以上)
訓練時間:毎朝 6:30--7:30
     午前 9:00--12:00
     午後 15:00--17:00
     毎日教授5−6式、週に1日休憩。
訓練以外の活動:
     1、見物-万里の長城(1日)、頤和園(半日)、天壇公園(朝)、
       紫禁城、天安門広場、王府井(1日)
     2、中国語会話-毎晩1時間中国語会話学習(日本人留学生教授)
     3、中国人家庭訪問学習包餃子
     4、植記念樹
費用:  260元(人民幣)/一人/一日
     含まれる費用: 中国陳氏太極拳伝授、住宿、三食、空港迎送、見物、中国語会話学習
     含まれない費用:飛行機代
卒業:  中国陳氏太極拳学習証明書、゛北京2008・中国陳氏太極拳推広活動営゛Tシャツ
日本連絡:小笠原さん(京都) hogasa@ip.media.kyoto-u.ac.jp
北京連絡:傅曙光(ふ・しょうこう)fusg@public.bta.net.cn
問題: email確定参加者的姓名、性別、年齢、学習太極拳時間、食宿的要求、計画来北京時間。
     付近有香山飯店四星(680元/日)、香山別荘(280元/日)可分別住宿。
     若1-2人来北京可住中国人家庭。

(参加者の氏名、性別、年齢、太極拳の学習時間、食事・宿舎の希望、北京滞在中の希望をメールでご連絡ください。付近には4星の「香山飯店」(1日680元)、香山別荘(1日280元)があります。もし1人か2人なら北京の中国人家庭に滞在することも可能です)

北京団城演武庁
団城演武庁建於清乾隆十四年(1749)、位於北京香山、乾隆皇帝閲兵的場所。
The brief Introducition of Beijing the round city and drill hall in Qing dynasty Beijing Tuan Cheng Drill Hall is located at the southem foot of Fragrant Hills. As the only cluster building with city, palace, pavilion, watchtower and drill hall all in one peice, it covers 40,000 square mrtters, built in 1749, the 14th year of QianLong reign of the Qing Dynasty. The main buildings are tuan Cheng, the drill hall, the west city gate,
the pavilion housing tablets etc.
The Tuan Cheng is elliptical. The diametre is 50.2 metres from east to west and 40 metres from south to north. The city is 11 metres high and 5metres wide. The floor was paved with black bricks. The handwriting of Emperor Qian Long is above both the south and north city gates. In the north gate tower, there is a large tabiet with the handwriting of Emperor Qian Long on the four sides.
The drill hall with a platform is where Emperor Qian Long reviewed the troops. The drill ground is in front of it. The west tower has an arch gate built with black stone, which is 11.2 metres high and 24 metres wide. Steps are in the both sides in south and north. This is where the soldiers drilled to lay siege to a city.
香山公園
香山公園は、北京西山東麓のくぼ地にあり、早くも遼代では阿勒弥という役人のもので私宅があった。
金の大定二十六年(1186年)にここに皇族の寺院「大永安寺」今の香山寺が建立され、清の乾隆十年 (1745年)に大規模な増築があって、二十八景をおき、「静宜園」と改名した。現在の香山公園は、 見心斎、双清別荘及びその付近の碧雲寺と臥仏寺で知られる。
またここの「紅葉」は、香山を内外で名高くし、秋になるとマルバハゼの葉が山々を赤く染め、
緑の松柏と共に美しく多彩な景観を成す。


※このイベントに関して当「蓬莱賓館」および管理人のyantianは一切関知しておりませんので、 お問い合わせ等は直接主催者側にお願いします。