年画とは?

 

 「中国民間木版年画」(年画)は中国の民間美術の中でも大きなウェイトを占める重要な芸術分野の一つです。古来の自然崇拝と神への信仰を起源として、魔除け、縁起かつぎ、幸福祈願、厄払いや「歓楽慶事」といった願いをこめて描かれました。さらにお正月用の飾りに移り変わり、民間芸術として根付いてきました。その歴史は古く、中国各地にさまざまな形で伝わっています。年画は題材の内容や、彫刻の技術や芸術のスタイルにおいて、独自の特色をもち、民間美術のその他の分野に深く影響を及ぼしただけでなく、他の絵画形式と相互に溶け合い、一つの成熟した美術になりました。無名の芸術家たちが描き出す、味わい深い世界をどうぞお楽しみください。

 
yantianより

旅行記の中で紹介した武強が「年画の里」としてNHKで紹介されたそうです(見られなかった)。また、呉橋も雑伎の街として同じく紹介されました。あー!懐かしの「雑伎大世界」(トイレのつらい思い出が強烈ですが)も登場。

橋本さんから趙雲の年画の画像をいただきました。「趙雲の部屋」で公開中・よろしくね!

ここの年画の一部を販売しています。 作品集の中で在庫があるものにマークを入れたので興味があればお問い合わせください。

掲示板を作りました。このサイトのご意見、ご感想などをいただいたりファン同士の交流ができればと思います。 年画に関する発言もお待ちしています!

私の持っている三国志の年画が「年画・三国志」(集英社)という本に6点も載っていることがわかりました。意味なども解説されていたので、内容を追加しました。50年以上も前の年画だったのです!

 

傳さんより「北京2008・中国陳氏太極拳推広活動営」のお知らせ