Home>EUROな日々index>
第23日目>

 

7/1(第22日目) スペインからなぜかベルギー

 

●初めてのお泊り♪イン・エアポート
 
 電車はそれほど遅れることなく(っていうか、もっとスピード出したら10時間はかからないだろうに)マドリー着。とりあえずチャマルティン駅近くのホテルをあたってみるが、ないということで、会議。ソルの方に出れば安い宿も見つかるだろうけど、せいぜい寝られて2,3時間。荷物を持っての移動も疲れそう。それに治安面で気を配るのも疲れる。ということでついに空港泊決定。ちょっと軽食をとったカフェで遠くのテレビが映し出されていて、ポルトガルの勝利を知る。これでファイナルへ行ったわけだね。
 地下鉄でチャマルティンから空港へ移動、途中懐かしのサンチャゴ・ベルナベウ駅も通過。
 バラハス空港に着く。ごっしーくんによると、寝るのにちょうどいいベンチがあるそうだけどさすがに先客あり。ヴァージンのカウンター前の椅子に落ち着く。一応ごっしーくんのリュックを枕に2つぶんの椅子を使い、体を折り曲げて寝てみる。少しうとうとすることはできたのだけど・・・問題はエアコン!寒くてとてもつらい。タオルなどを総動員・・・それと近くに学生の超団体さんがやはり待ち態勢になって銘々がカバンを椅子にすわったり、おしゃべりしたりで相当なもん・・・といいつつなんとなくうとうと。
 チェックインの時間になって起こされる。よくヴァージンエキスプレスを利用しているごっしーくん、今日は席のリクエストを聞かれたのが衝撃的だったとか。自動販売機でヨーグルトを買い、搭乗。ホントにadios!スペイン。また今度、ゆっくり来るからね〜
 ベテラン利用者ごっしーくんが言ったように、離陸したのも気づかないままあっという間に雲の上、再び気づいたときには着陸態勢だった(ほとんど記憶なし)。疲労困憊、寝不足・・・一刻も早く眠りたいところだけどいろいろやらなくては。
 まずはホテル探し。空港の観光局で紹介してもらう。思っていたよりブルッセルは高く、結局49ユーロとかいうホテルに決める。バウチャーをもらったあとで気づいた、シャワーという文字。ということはシャワーオンリーらしい。シングルでこの予算だと仕方がないかも。
 次にエルフラのカウンターに行って、リスボン-パリ間をキャンセル、一応当日12時にシャルル・ド・ゴール空港に来るようにとのこと。とりあえず空港からノルド駅まで行き、ごっしーくんのミラノ行きバスの確認。乗り場もここかららしい。チケットを買って、いったんホテルにチェックイン。タクシーに乗ったら調子のよさそうなトルコ人だったけどメーターが11・5ユーロになっていて、少々不安に。案の定料金は11ユーロあまりを請求され、ムカムカ!いくらなんでも高すぎ!しかし初乗り料金など情報がないのでそれで払う。もうタクシーになんて乗るもんか
 ところで、ブリュッセル、思っていたよりずっと寒い。これではちょっと風邪を引きそうだ。街を歩いている人もたいてい長袖のジャケットを着ている。空もどんより。ヨーロッパの南からピレネーを越えてきたんだなあ、と実感。しかもフランス語+オランダ語2カ国語の表示なのでややこやしい。
 オテル・ド・コングレスは清潔なビジネスホテルの一室という感じで全体にコンパクト。おしいのはやっぱりシャワーだけな点。しかもシャワーのブースの下のゴムパッキンがバカになっていて、水漏れする。つまりシャワーを浴びるたびにトイレまで水浸し。
 急いでシャワーだけ浴び、メトロでセントロ駅まで行って(1回券が1.4ユーロ。これも高い。10回券約10ユーロ弱を購入)さらにシャルル・ド・ゴールまでのタリフの切符をごっしーくんのカードで購入(笑)。ちょうどいい時間に着く電車が満席で朝9時に着く電車に。TGVとダイレクトにつながっているので高いけど乗換なしで空港に行けるので便利そう。それと4泊分のホテル代として200ユーロを貸してもらう。
 ノルド駅でお昼をパスタで済ませる。ここでごっしーくんとお別れ、ついに一人に。。。
 一人になってやっぱりブリュッセルの風の冷たさを考えてzaraへ。たまたま今 日は7月1日。つまりソルドの初日。男どもが暇そうに待っている間に買い物にいそしむ女性多数。私もカーキーのジャケットと7分袖のニットを購入。ごっしーくんにはあんまり高いものは買わないように、といわれていたけどそうもいかず、計50ユーロちょっと。これで寒さ対策は大丈夫なはず。外に出るとにわか雨で、散歩をあきらめ、メトロに乗ってホテルに戻ってしばし休息。
 6時過ぎ、復活して再び街に繰り出す。本当は別の方をめざしていたはずなのに、結局さっきのzaraがあるROGIERへ出てしまっていた。で、スーパーでカット野菜や水、パニーニを買って戻る。カット野菜は200グラムなのでかなり食べがいがある。ハーブ入りドレッシングを1本買ったのでそれを袋に入れて混ぜて食べるとそれだけで満腹。
 夜ネットをしながら、テレビでサッカー観戦。衝撃的な結末に驚いた。実況はフランス語なのでなんていっているかはわからないけど、ゴールの瞬間「これがフットボールです」というニュアンスを言っていた。ギリシャ・ポルトガルなんていうカードを予想した人がいただろうか?いよいよポルトガル優勝かなあ。思えばスペインはこの両チームにやられたんでした。

 

←インデックスに戻る    ブリュッセル滞在の23日目に→

 

E-mailはこちらです

直接このページにきた方はこちらから脱出してください。

掲示板あります。
中国ネタばかりですが、サッカーネタも歓迎します。