Home>マニアへの道index>
第14日目へ戻る>

 

1/28(第15日目) 帰国っす。

●アムステルダムそぞろ歩き

 ホテルは朝食付きなので(これもロッテルダムと同じ。オランダスタイルか?)朝はしっかり食べることにした。やっぱり乳製品がおいしい。ごっしーくんはこのまま中央駅から再びドイツに旅立つ。駅まで送って、私はアムスを散策することに。中央駅FOTOから延びるメインストリートをずんずん歩く。運河と建物がきれいFOTO。天気がよければ素敵に違いない。オランダを歩いて気が付くのは、自転車がとてもメジャーな交通手段だということ。坂がない国だからというのもあるけど、環境問題が叫ばれる昨今、時代にも合っているのだろう。だから自転車専用レーンがあるし、電車に自転車ごと乗り込んでくる人もいる。街のあちこちに自転車が止めてある。
 観光客向けの土産物屋さんはたいていトルコ系のお兄さんが店先に立って、道行く人を眺めている。ところどころにケバブ屋さん。雑多な店が並ぶエリアを抜けると、大きな広場に行き当たる。ここがダム広場FOTO。右を向けば王宮と新教会。写真撮影などをして少し先まで行ったところでUターン。運河FOTO FOTO を撮るうち、旧教会にも行きたくなってきた。旧教会から先はアヤシイ「飾り窓」地帯だと聞いていたけど、朝だし、さすがに大丈夫だろう。ところがホテルにも近い細い道を旧教会に向けて歩き出すと、周りの店の雰囲気がきわどいものになってきた。???それでも朝の清掃の人やら、歩いている人はいたってノーマル。さらに細い路地を抜けて、突き当たりに小さな教会発見。ここか・・・あまりにも建物が立て込んでいるので、また写真には撮りにくいなあ、と道のギリギリまで引いてみる。背後の建物に人の気配がしたので、振り向くと、黒人女性がボールのような巨大なおっぱいを露わにさせて、窓際に立っていた。窓のガラス1枚隔てただけなので、文字通りその姿が目に飛び込んできた・・・げ。まさに「飾り窓」。教会に面してこういうのもなんだかな・・・あまりにも至近距離で唐突にあったのであわててカメラをしまい、撤収しようとしたその瞬間。ふつーの感じのおっちゃんが窓の女を確認して?ふつーの感じでドアを開け、中に入っていった・・・朝の10時30から商売熱心だけど、おっちゃんも熱心?だな。オランダは寛容の国というけど、ただあっけにとられる光景だった。 

●アヤシイ清掃係

 ホテルの自室に戻ると、つけた覚えがないのに、なぜかテレビが大音量でついている。それもちょっとエロめの番組・・・なんで?ここには「起こさないで下さい」札とかないのでどうしようもないけど、もしかして留守中、清掃が入ったのだろうか?が、部屋は掃除された形跡はない。。もしや、と思ったけど貴重品類は無事だった。
 チェックアウトは11:30と確認していたので、それまでに間に合えば、と荷造りをしていたが・・・いきなりドアの鍵が開いた。恐怖!清掃係のお兄さんがスペアキーで入ってきたのだ。ちょっと!「まだ準備しているから後にして」というと、「早くして。チェックアウト時間だよ」あと20分あるのに、なんだ、この態度は!おまえの方が問題ありだろう!昨日のごっしーくんマイク盗難?事件といい、ここの清掃係は要注意。前日もあまりちゃんと掃除をしている感じじゃなかったので、チップを置いていかなかったからか?
 さっさとチェックアウトすることにした。清掃係をのぞいてはいいホテルだったのだが惜しい。

●スキポールから帰国

 中央駅までゴロゴロスーツケースをひっぱり、あらかじめ調べておいたスキポール行きの電車に乗る。チェックインにはちょいと早いと思われたけど、自動チェックイン機があったので、やってしまう。スーツケースは結局16キロだった。
 ここで、改めて昨日チェックインしてもらった搭乗券を見て気が付いたのだが・・・席が「B」。「B」って思い切り真ん中では?
 十分時間があるので、スキポール自慢の?巨大免税店モールをのぞく。移動が多かった今回の旅では途中あまり買い物をしなかったので、おみやげもほとんど買っていない。チーズなどを買って時間をつぶす。
 さて、搭乗して席についてみると・・・やっぱり3人がけの真ん中。最悪の席だ!やられた、2年前同様、またもやスペイン人のお兄さんにやられた!ちぇええ。席は満席で移動するわけにもいかず。ただしベジタリアン・ミールのリクエストはついていた。
 てなわけで出張帰りらしいビジネスマンと、留学生らしいお嬢様に囲まれてのフライト。いったん席を立ってトイレに行ったお嬢様、また席に座ったり立ったりがやだ、と立って待っていたら・・・30分以上もお戻りにならず、あきらめて座ったとたんにご帰還・・・事件など、毎度のお腹のガスと闘いつつ(しょうがないじゃん)、ほとんど眠れないまま帰国と相成りました。

・・・なんだか終わり方があっさりしすぎ?とつっこまれましたが、これで終了です。(完)

 

その後・・・(2004-05シーズン)

2/14、金太がハデに結婚式をした。シーズンの、最も大事な時期を前に。それからチームの調子はガタガタ・・・いっちゃんいいときに行った、というわけでした。
ビルバオのチームはその後しばらく快進撃・・・しかもゲレーロ王子は100得点をサンマメスで決めた。おめでとう!
「へ〜た、へ〜た」といわれたあのヘタフェはなんとホームで白組を、サンマメスでアスレティックを破り、ビッグサプライズ!
AZはPSVと首位争い中。がんばれ!ヒディングに負けるな!めざせCL!UEFAカップはスペイン勢最後の生き残り・ビジャレアルと戦います。
2月にスペインに行ったお友達たちは雪に泣かされ、飛行機飛ばず、荷物届かず、試合見られずなど・・・でもレサマでそれはそれは素敵な交流ができたそうです。ラファおじさんからもらったポスターも受け取りました。
その後スタジアムおたくは引き続きドイツのスタジアムをまわり、消息筋によると、無事帰国。

←インデックスに戻る

 

直接このページにきた方はこちらから脱出してください。

掲示板あります。
中国ネタばかりですが、サッカーネタも歓迎します。