No.151

ヤンヤン夏の思い出

★★★1/2 

監督:エドワード・ヤン 

結婚式に始まり、お葬式に終わったヤンヤンの夏。似たタイトル、テーマにホウ監督の「トントンの夏休み」があるけど、こちらは台北の高級マンションに住む一家の話だから対照的な映像。それぞれがいろんな悩みを抱えていて、意識が戻らない祖母に向かってそれを語りかける。不思議なことに(ありがちなのか)あまり家族同士で話し合うことはなく、どこかクールな関係だ。幼い8歳のヤンヤンにも過剰な愛情をかけられることもないし、ヤンヤンも母親が家出してもわりと淡々としている。ヤンヤンが興味をもったのがカメラで、いろんな人の後ろ姿を撮っているのが哲学的だなあ。最後のヤンヤンのおばあちゃんへの弔辞が泣かせるんだよね。意外な展開もあったけど、3時間は長い!

前のページへ

あなたの感想を掲示板にどうぞ!