No.93

つきせぬ想い

★★★1/2

監督:イー・トンシン 出演:アニタ・ユン ラウ・チンワン

 アニタ・ユンの天真爛漫キャラもの、といえば「君さえいれば 金糸玉 葉」を連想するけど、最初はそんなコメディタッチのロマンスもの映画かと思った。人付き合いの苦手な作曲家・キットがミンの明るさに次第に心を解放していくさまはパターンかしているとはいえ、アニタ・ユンのキャラクターのおかげでなかなかさわやか。が、後半、ミンの病気がわかったあたりから雰囲気が変わってくる。がんばれ〜とこちらも応援したくなっちゃった。でもラストもう少し余韻が欲しかったなあ。すごくアニタ・ユンの魅力が伝わる作品です。

前のページへ  

あなたの感想を掲示板にどうぞ!