No.205

どじょうも魚である 泥鰍也是魚

★★★1/2

監督:楊亜州  出演:ニー・ピン

 「民工」、いわゆる出稼ぎの人たちを描いた力作。監督と主演女優は「張美麗先生の脚」につづく組み合わせ。舞台は北京、働いているのは恵山公園の改修らしい。とにかく過酷で、日本だったらありえなーい展開が続くのだが、どうして主人公はこんなにまでたくましく生きていけるのだろう、と感動する。ただこのテーマが日本で受け入れられるかはちょっと疑問が残る。日本人にとっては身近に感じられるテーマではないからだ。介護の仕事を依頼してきた、家とのギャップ。
 主演女優のニー・ピンさん。「この演技はノーメイクだったので、ブスな顔がいっそうブスになってしまった」と挨拶していましたが、なんのなんの。なかなかチャーミングな女優さんです。
リアリティを出すために、撮影期間の半年の間、ずーっと同じ服を着ていたとか。その服、いかにもな、田舎のセンスです。きっと女優としたらストレスがたまる環境だったろう。。
 

前のページへ  

あなたの感想を掲示板にどうぞ!