No.153

ションヤンの酒家(みせ) ライフショー (生活秀)
★★★

監督:霍建起(山の郵便配達 写 真左) 出演:陶紅

 主人公・ヤンは夜店を一人で切り盛りしている。てきぱき働くヤンだけど、麻薬中毒で施設にいる弟、相続権を狙う兄夫婦、事情があって絶縁している父など、周辺の悩みはつきない。おまけに夜店の立ち退き問題・・・その美貌と才覚でうまく立ち回りするものの、決して思い通 りにはならず、むなしさだけが漂う・・・
 主演の陶紅、彼女の美貌に思わず注目してしまいます。そして霍監督は「人」を深く描くことが出来る人だな、と改めて思いました。設定は武漢ということになっていますが、ロケは重慶で行われたそうです。階段があって、起伏がある風景は確かに少し詩的。さらに「湿気」を感じる画像です。「山の郵便配達」もそうだったけど、なんだか「ミスト」な場所がお好きなのでしょうか。
  女が一人で生きていくのはなにかと大変。そのあたりの気持ちはよくわかるかな。チャオ社長は最初から絶対受け付けないけど(笑)、彼女は人並みの幸福を願ってしまったのだなあ。それだけに「裏切られた」という怒りはよくわかる。(2002.9.18)

前のページへ  

 

あなたの感想を掲示板にどうぞ!