No.203

五人の娘 五雑金花

★★★★

監督:王家乙 出演:楊麗坤 莫梓江

 物語としては単純で大理の「三月街」の祭りの日、再会を誓った「金花」という女性を捜すものの、同じ名前の金花さんがたくさんいて、それを巡ってドタバタ喜劇が起こる。これがわかりきった展開ながら結構面白い。さらに大理に行ったことがある人ならその風景、白族の民族衣装や歌なども楽しめる。ちなみに私は製鉄所の金花さんもなかなか魅力的だと思った。要するに、なかなかの珠玉の作品なのだ。
 注目は1959年制作ということ。ということは、大躍進運動の最中の作品で、粗末な設備で鉄を鋳造するシーンなどがある。

前のページへ

あなたの感想を掲示板にどうぞ!  

岩茶で「お中華」