No.37

クレイジー・イングリッシュ(瘋狂英語)
★★★★
監督:張元


李陽老師は間違いなく政治の世界でもカリスマになれる素質がある。みんなで叫んでいるところなんか「毛主席万歳!」を彷彿とさせたもの。おなじみの故宮、長城のほか、聞いたことのない地方都市まで出かけ、人々をcrazyにしてしまうパワーはすごい。「make money」のために英語を学ぼう、という主張は単純でわかりやすい。そういうわかりやすいスローガンが大衆の心をとらえていくんだろうな・・・ということはやっぱり政治家向けかも?李氏のターゲットは「美国、日本、欧州」市場なのだそうだ。日本語版が発売されたら私も買いそう。

前のページへ

あなたの感想を掲示板にどうぞ!