No.135

標識のない河の流れ(没有航標的河流)
★★★1/2
監督:呉天明 出演:李偉


呉天明のデビュー作で、文革時が舞台。間接的にその悲劇に巻き込まれていく人々を描く。世捨て人のような主人公・老五、「上が悪いのさ」なんて、そんな大胆なこと言って大丈夫かなあ、と不安になる。もちろん「川」が重要なモチーフになっている。

前のページへ

あなたの感想を掲示板にどうぞ!