No.127

芙蓉鎮
★★★★★
監督:謝晋 主演:劉暁慶 姜文

 
私の中国映画好きはこの作品との出会いから始まりました。文革に翻弄される主人公の運命はあまりに過酷。当時すでに30代半ばであった劉暁慶なのに、とっても初々しくかわいらしい。そして「牛や豚になっても生き抜け!」という姜文演じる「ウスノロ」の言葉に涙しました。中国映画ってこんなにすごいんだ、と強烈な印象を受けました。

前のページへ

あなたの感想を掲示板にどうぞ!