No.122

美少年の恋 (美少年之戀/Bishonen)
★★★1/2

監督:楊凡(ヨン・ファン) 出演:馮徳倫(スティーブン・フォン) 呉彦租(ダニエル・ウー) スー・チー(瑠璃の城

 「美少年の恋」のタイトルは日本語。「の」が香港で見るアヤシイひらがなの書体だ〜という細かい指摘はさておき、私はダニエル・ウー、「ひこそ」くんにノックアウトされてしまいました。こうした作品に出会うのは久しぶりです。瑠璃の城に出ていたらしいが・・・そのときは印象になかった。内容はまあ、「美少年同士のアブナイ恋」です。
 監督は実際にあったスキャンダルをヒントにこの作品を作ったのですが、当時モデルをしていたひこそくんを見かけてスカウト、俳優デビューしたらしいです。なんていったってストーリーが物語だけに、「あーそんなシーンを見せるか!」と思わず叫んでしまうような、鼻血シーンの連続。
この作品に限ってはストーリーよりもこちらを紹介しましょう。
鼻血1 警官の制服姿のひこそくん。制服フェチのハートをがっちりキープするに違いない。
鼻血2 何回も出てくる白ブリーフ姿のひこそくん。目のやり場に困る。でもなんでみんなブリーフなの?
鼻血3 ナルシストの「KS」とシャワールームで絡み合うシーン。わ、私にはとても描写 できません。(お色気系のライターにはなれなさそう)
 さて、細かいことが気になったりする私ですが、ひこそは家族同士の会話は北京語、他では広東語、ナレーションが北京語でした。なにげなく、家族の背景をそれで語っているわけです。 (2002.9.7)

前のページへ

あなたの感想を掲示板にどうぞ!