No.17

王様の漢方
★★1/2

監督:牛波 出演:朱旭 渡辺篤史

 うーん。漢方や長城の魅力を伝えたいなら映像に凝ったドキュメンタリーにすればよかったかも、と感じてしまった。物語の展開が「まさかこんな・・・」と思うような、無理矢理でいかにもフィクションって感じでいただけない。例えば菊地君がいきなり「京劇」に出会うなんてできすぎ!いきなり長城で(一応観光地だっつの)食事したり、治療したり、あげく京劇、ファッションショー・・・リアリティーは追求しない映画なのね。
 朱旭はうまいんだけど、日本人俳優があまりよろしくない。とくに和田小姐はいかがなものか?と思ったけど、元ミス日本だって。渡辺篤史っていうのもどこか「お家訪問」のイメージが強くって、やっぱりドキュメンタリーのナレーション向けではないかと思う。
  もっと丁寧に描いてもらえないとわかんないよ〜っていうシーンも目立ちました。馬桶のドライフルーツのところが私にはよくわからなかった。その答はパンフにあるんだろうけど、700円がもったいなくて買いませんでした(←サッカー貧乏なので)
 でも金山嶺長城に行ってみたくなったし、あのダイエット漢方にも興味が・・・(でも私は真珠のアクセサリーを粉になんてもったいなくてしません)。

で、貧乏な私はパンフを買わず、図書館で原作を借りてきました。監督による原作です。結論から言いますと、役者の演技のまずさ(朱旭さんは除く)もさることながら、原作そのものが無理があるんですね。別に小説にしなくても、こういう症状にはこういう漢方っていう感じの実用書で十分。結局馬桶のナゾもわからなかった。牛波さん、無理があるアルよ。

前のページへ

あなたの感想を掲示板にどうぞ!