No.195

愛にかける橋 Fanny的微笑
★★★★

監督:胡メイ 主演:王志文 ニーナ・プロル

 今回失礼ながら一番期待していなかった作品。なので予想以上に面白かった。なんといっても実際のモデルがいる話なので、すごくリアリティがある。オーストリアから単独で中国に渡り、激動の時代を生きた人が中国で生きていたんだなあ。それに王志文、改めてうまい役者だと思った。本当に誠実に妻を愛しているのが過剰な演技ではなく、表情でわかるのだ。「北京バイオリン」では老け込んでいたけど、さすが「千の顔を持つ俳優」と言われただけのことはある。愛に生きた、という意味で「初恋のきた道」に近い話かもしれない。だから心を打つんだね。(2004.1.17)

前のページへ

あなたの感想を掲示板にどうぞ!